日本データテクノロジーで不具合解決~パソコンのトラブルSOS~

電話

復旧のスペシャリスト

サラリーマン

日本データテクノロジーは、95パーセント以上の確率でデータを救出し、更に自社で全て行っているため中間コストも必要ありません。コストパフォーマンスが良い会社といえるでしょう。もし大事なデータがあれば日本データテクノロジーに任せてみてはいかがでしょうか。

Read More

起動しない時には

オフィス

仕事で使用するデータなどを誤って消したり、パソコンが起動しなくなった場合には、データ復旧の会社に依頼するとデータを復旧させることができます。会社選びでは、料金や内容などを比較して会社を選ぶようにします。

Read More

ペーパーレスの文化

日本データテクノロジーはデータの修復率の高さが群を抜いています!データを取り戻したい方は利用してみてはいかがでしょうか?

ペーパーレス化の未来

パソコン

経費削減や業務効率化を図るため ペーパーレス化を進めている企業が増えている。 紙やトナーの利用が減少することで経費削減に繋がり データで管理することで過去の資料の検索の手間が省け、効率化に繋がり、 紙媒体の利用が減ることで 誤廃棄や置き忘れなどの、情報漏洩のリスクが減るメリットもある。 社内のペーパーレス化は、 イントラネットが大きく貢献していると言える。 イントラネットに社内で必要な書類や、 手続きフローをまとめることで ペーパーレス化するだけでなく、 担当部署への問い合わせも軽減し、効率化につながっていると言える。 また、画面共有による会議の開催により 遠方のクライアントや支店との打ち合わせも可能になった。 情報にパスワードロックをかけるなどの 閲覧制限をかけることで、 ペーパーレス化する以前よりも安全に、 より便利に利用できるようになっている。

ペーパーレス化は今後、さらに進んでいくと言える。 FAXの時代から比較すると、メールの利用により ペーパーレス化は飛躍的に進んだ。 今後は、社内保管文書や今後作成される資料のデータ化により さらにペーパーレス化されるであろう。 現在は、取引先との取引で見積書や注文書などの原紙が必要になる 紙の書類への捺印が必要といった問題が残っている企業もあるが 電子印鑑システム、電子稟議システムなどのシステムを導入することで 将来的には、紙が必要になる機会は減っていくだろう。 また、タブレット端末の普及により、 タブレット端末からの閲覧が増えている。 これまでよりも、迅速に場所を選ばずに行えることから 今後の資料やメールの閲覧はタブレット端末を利用する企業が増えると 予測される。 主に外出先での利用が想定されるため 資料のデータ管理などが進み、ペーパーレス化が進むだろう。

障害に合わせて

女性

データレスキューセンターでは障害の程度にあわせて2万円〜5万円程度の固定価格で安価にデータ復旧が可能です。また、年中無休対応、初期調査の時間短縮コースも用意されているので、至急データを復旧してほしい場合にも大変便利です。

Read More